良い歯科医院探しのポイントについて紹介しているサイト

毎日のケアが口腔内の健康をつくる

清潔な歯ブラシでこまめに磨こう

毎日欠かさずブラッシングすることはとても大切ですが、それと同時にその時使う歯ブラシなどのケア用品が清潔であることもとても大切です。
当然ながら不潔な道具でどんなに丁寧に磨いても虫歯菌を除去できないまま口腔内に残ってしまう危険性を生むことになってしまいます。
歯ブラシの交換サイクルはひと月が目安ですが、気になる場合はそれより早くても良いでしょう。

使用後の歯ブラシは軽く洗浄して乾燥させるという管理をする人が多いですが、歯ブラシを洗浄しても微細な菌を完全に取り除くことは不可能です。
頻繁に水分を含む状態で口腔内を磨いていれば当然どうしても歯ブラシ自体に汚れは蓄積されてしまいます。
こまめなブラッシングと併せて、歯ブラシなどの清潔さにも気を付けましょう。

歯間ブラシやマウスウォッシュを併用しよう

毎日行うブラッシングも丁寧に行えば十分虫歯を予防することはできますが、自分で気づかない磨き残しがあったり磨き方のクセなどによって部分的に磨けていない場所があったりなどケアをしているのに行き届いていないこともあります。
そうした場合に手助けするケア用品として歯間ブラシを勧めている歯科医師は多いです。
毎日でなくても、定期的にでも歯間ブラシでケアすることで歯垢の蓄積を防いだり遅らせることができるので、歯ブラシで磨き切れていない部分のケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、特に就寝前の習慣としてマウスウォッシュをプラスするのもオススメです。
口腔内の最近が1番繁殖しやすいのは就寝時と言われ、朝方の口腔内の不快感を感じる人が多いのはそのためです。